公益財団法人 姫路・西はりま地場産業センター(じばさんセンター)

地場産業紹介

鎖

姫路市だけで国産鎖の60%以上を製造

鎖

鎖製造業は姫路市白浜町(南部海岸地帯)を中心に約25社が生産を行っており、全国生産高の約60%を誇っている。

当地には、徳川中期より、松原釘と呼ばれる釘の火造鍛造技術が発達しており、それが明治の中ごろの船釘の製造に替わった。

そして大正5年、大阪から鍛造による鎖の製法が導入されたことが姫路の鎖製造の始まりとされている。

その後、第二次世界大戦中に細物の電気溶接機が開発され、昭和32年には外国製の大型溶接機(フラッシュバット)を導入、順次国内産による溶接機に移り、現在では火造り鎖はほとんどみられない。

当産地の鎖は、線径が数十ミリのものから自動車のタイヤ鎖よりも細いものがあり、また材質もアルミなどの製品があり、多様化している。

鎖業界組合員名簿

組合名称 近畿製鎖協同組合
所在地 〒672-8023
姫路市白浜甲402
電話 079-245-1471
FAX 079-246-1896
代表者名 加藤 政康
会員数 25

電子じばさん館 鎖

電子じばさん館「鎖」では、より詳細な情報を掲載しています。

最新情報

RSS Feed Widget
じばさんセンターフェイスブック

関連サイト

  • 会議室のご予約がネットから出来ます!!
  • はりまの宝蔵 西播各市町村が自信を持っておすすめする特産品・名産品が勢揃い!!
  • 電子じばさん館
  • ふれあい新鮮市
  • 姫路・西はりまの地場産業
  • 豊穣の国はりま