公益財団法人 姫路・西はりま地場産業センター(じばさんセンター)

地場産業紹介
作業手袋

作業手袋

靴下製造業と関連が深い作業手袋業界

作業手袋業界は、靴下製造業と関連が深く、大正初期頃に靴下業界と相前後して姫路市飾東町、印南郡志方町に発祥した。当時は農家の副業として営まれていたが、第一次世界大戦時の好況により企業化が進展した。生産地も近隣に発展し、作業手袋(旧軍手)産地として認められるようになった。作業手袋は、従来、主に防寒用として使用されたが、工業発展に伴い、危険防止用として作業の必需品になった。

第二次世界大戦時には統制が敷かれ、組合は、兵庫県メリヤス工業協同組合の手袋部として原糸の配給、製品の販売統制事業を行った。昭和25年に統制が解かれると、兵庫県手袋工業協同組合が結成された。

同協同組合が統制解除後の自由競争による事業不振に陥り有名無実化したため、業界は昭和39年、通産省の許可を得て新たに兵庫県作業手袋工業組合を設立した。

作業手袋業界組合員名簿

組合名称 兵庫県作業手袋工業組合
所在地 〒671-0207
姫路市飾東町山崎542-2
電話 079-262-0018
FAX 079-262-0992
代表者名 上田 正邦
会員数 6

最新情報

RSS Feed Widget
じばさんセンターフェイスブック

関連サイト

  • 会議室のご予約がネットから出来ます!!
  • はりまの宝蔵 西播各市町村が自信を持っておすすめする特産品・名産品が勢揃い!!
  • 電子じばさん館
  • ふれあい新鮮市
  • 姫路・西はりまの地場産業
  • 豊穣の国はりま