公益財団法人 姫路・西はりま地場産業センター(じばさんセンター)

地場産業紹介
手延素麺(播州)

手延素麺(播州)

500有余年も続く伝統の製法

手延素麺

そうめんの起源は奈良時代に遣唐使が中国より持ち帰った唐菓子(からがし)がそうめんの元祖と言われている。播州地方では約600年の伝統と歴史があり、江戸時代には竜野藩が農業の副業として許可業種として統制・保護していた。明治5年には製造業者が集まり明神講が結成され、明治20年9月に「播磨国揖東西両郡素麵営業組合」となった。明治27年には統一規格を設け、格付け等級として現在の組合ブランド「揖保乃糸」が誕生し、明治39年には特許局に「三神乃糸」、「揖保乃糸」等をいち早く商標登録を行った。

戦前、戦後の混乱期には原料の確保が困難となり、生産量が激減し産地存亡の危機を迎えたが、昭和27年に統制経済が解除され、その危機を乗り越えた。昭和30年代の高度経済成長期は臨海工業地帯の工場建設に伴って、播州地方の農家の働き手が工業地帯に流出したために原料小麦の生産が急減し国内での小麦入手が困難となったが、外国産小麦を導入する事により原料の品質統一が図られた。その後、生産は順調に推移し製品の品質もより一層安定した。そうした中、昭和40年代のいざなぎ景気に入り、品質管理を重視した事により消費者に認められ、ギフト商材と単品商材の販売量が格段に増え昭和50年代には生産量が18kg換算で100万箱を突破した。

一方で、従来の宣伝広告では新規市場が開拓できないという問題を解決するため、平成4年から有名女優を起用したTVCMを制作し、全国放映している。平成13年からは全国的に展開している試食イベントにイベントキャンペーンガールとして「ミス揖保乃糸」を選考し、全国の皆様にそうめんの美味しさ、メニュー提案を行い、揖保乃糸の消費が拡大するよう取り組んでいる。

平成9年4月には揖保乃糸資料館「そうめんの里」をオープンした。素麺の歴史を紹介するブースや素麺の創作メニューを提供するレストラン・体験ゾーンの設置、加工場の見学を行うなど、手延そうめんの歴史や文化を伝えるのに大きな役割を果たしている。

海外グローバル戦略としては、平成18年6月にメニュー提案型イベントをアメリカハワイ州で初めて実施し、翌年からは北米(ロサンゼルス・ニューヨーク)、東南アジアにおいても、販売促進活動を進めている。

組合ブランドである「揖保乃糸」は平成19年5月に世界的に認知度が高い「モンドセレクション」において最高金賞を受賞、平成24年にはiTQi国際優秀味覚コンテストにおいてきわめて優秀とされる三つ星を受賞するなど、その品質は高く評価されている。

組合名称 兵庫県手延素麺協同組合
所在地 〒679-4167
たつの市龍野町
富永219番地の2
電話 0791-62-0826
FAX 0791-62-3838
代表者名 井上 猛
現業組合員数 460
公式サイト http://www.ibonoito.or.jp

電子じばさん館 乾めん

電子じばさん館「乾めん」では、より詳細な情報を掲載しています。

最新情報

RSS Feed Widget
じばさんセンターフェイスブック

関連サイト

  • 受講料無料!じばさん営業力等養成セミナー
  • 会議室のご予約がネットから出来ます!!
  • はりまの宝蔵 西播各市町村が自信を持っておすすめする特産品・名産品が勢揃い!!
  • 電子じばさん館
  • ふれあい新鮮市
  • 姫路・西はりまの地場産業
  • 豊穣の国はりま