公益財団法人 姫路・西はりま地場産業センター(じばさんセンター)

地場産業紹介
醤油

醤油

淡口醤油の起源は姫路・西はりまだった

醤油

龍野醤油の醸造の始まりは、天正15年(1587年)と伝えられている。業界が順調に発展した背景には、
1.龍野地方の中央を流れる揖保川の水質が醤油醸造に適していること
2.播州平野で産出される良質の大豆、小麦、米と赤穂の塩など必要な主原料が容易に入手できたこと
3.揖保川を利用した舟便で網干港から京都、大阪、神戸などの大消費地への輸送ルートに恵まれたこと
4.龍野歴代藩主が積極的に産業奨励政策を採ったこと等がある。

現在では、千葉県、香川県とともに全国三大産地の一つに数えられている。

寛文年間、当時醸造業者の発案により、醤油もろみに米を糖化した甘酒(龍野は古くから酒造地として有名であった)を添加して搾ったところ、色がうすく香りの良い「うすくち醤油」が発明された。
独自の風味が京、大坂の上方の嗜好に合い、人気を得た。
龍野醤油業界は、すでにこの当時で年産7,200kl(4万石)を出荷しており、今日の発展の基礎を固めた。

明治9年に業界の組織化を行い、昭和初期には組合員62名を数えた。
また、うすくち醤油の生産は年間33,000kl(18万石)に達した。
その後、戦争により一時低迷したものの、昭和28年頃から再びその生産は活発化した。

昭和46年4月、中小企業近代化促進法により組合員の殆どが参加して共同出資による龍野協同醤油(株)を設立し、生揚醤油(もろみを搾った状態のもの)の共同生産を開始した。
各組合員は、生揚をもとにして高品質醤油を生産し、各地市場の好評を博している。

また近年の消費者の嗜好変化等に合わせるため、「つゆ・だし」等の醤油関係製品の開発や健康志向に応えて醤油に含まれる機能成分を生かした製品開発が行われている。

組合名称 龍野醤油協同組合
所在地 〒679-4121
たつの市龍野町島田180-1
電話 0791-62-1381
FAX 0791-62-4031
代表者名 岡上 豊
会員数 11
公式サイト http://www.soysauce.or.jp/ (日本醤油協会)

最新情報

RSS Feed Widget
じばさんセンターフェイスブック

関連サイト

  • 受講料無料!じばさん営業力等養成セミナー
  • 会議室のご予約がネットから出来ます!!
  • はりまの宝蔵 西播各市町村が自信を持っておすすめする特産品・名産品が勢揃い!!
  • 電子じばさん館
  • ふれあい新鮮市
  • 姫路・西はりまの地場産業
  • 豊穣の国はりま