姫路・西はりまの おもたせ
32/44

皮革西播磨地方では、平安時代末期頃から製革業が地場産業として発展していました。特に姫路の高木地区では、「白なめし革」が産出され、江戸時代にはたばこ入れなどの細工物が作られるようになり、白なめし革細工(姫路細工)が本格的に生産されるようになりました。最近では、姫路市や隣接するたつの市などで革製品の工房が徐々にオープンされるようになり、地元の皮革素材を使って皮革製品が作られるようになりました。公益財団法人姫路・西はりま地場産業センターでも、全国の地場産業センターでは初となる、オリジナルブランド「sebanz(セバンズ)」を開発し、皮革の産地をアピールしています。

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る