乾めん

古くから県南西部(播州地方)において営まれていた手延べそうめんを端緒とし、兵庫、岡山県の良質な小麦、赤穂の天然塩、揖保川などの水などの好条件に恵まれて発展してきました。兵庫県手延素麺協同組合の「揖保乃糸」を中心に日本一の生産量を誇る手延そうめん生産地を形成しています。